横浜の新人タクシードライバー

私は横浜の新人タクシードライバー。お客様を求めて今日も街をひた走る....
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔っ払い

月曜日の朝方、元町の出口で乗せたサラリーマン風の泥酔客。
行き先は『本牧』と言われて出発。
『本牧1丁目』まで来た所で停車し
  私:お客さん!本牧1丁目まで来ましたけどご自宅はどちらですか?
  客:・・・・(←寝てる)
  私:お客さーーーーーん、起きて下さーーーーい!
大声を出しているうちに
  客:あー、ここでいい。ありがとう。(勝手にドアを開けて出て行こうと…)
  私:お客さん、お金払ってくださいよ~。1,250円!
  客:あー、そう。ハイ。(←千円札1枚置いてまた出て行こうとする)
  私:お客さん、あと250円足りませんよ~!
  客:あー、そう。ハイ。(←今度は1万円札2枚置いてまた出て行こうとする)
  私:お客さん、こんなに要らないですよ~!
  客:あー?(←解ってないようです)
  私:じゃぁ、これでおつり出しますから。
千円札1枚と1万円札1枚返して、おつり8,750円を渡し、お客さんも何とか財布にしまって降りていきました。
ちょうど赤信号なのでそのまま止まっているとドアをトントンと叩く人が….
見るとさっきのお客さん。忘れ物かと思いドアを開けると
  客:家ここじゃないのでもう一回乗せてください。(←外の冷気に当たり、かなり意識は戻ったよう)
  私:あ、ありがとうございます。(寝ないでね!)
少し走り大きなの交差点に差し掛かったので停めて声をかけると
  客:・・・・(←やっぱり寝てる)
  私:お客さーーーん『○○中学校入口』の交差点ですけど、まだ真直ぐですかぁーー?
何回か声をかけるとやっと起きて
  客:あー、ここでいい。
  私:よろしいですか?それでは、710円です。
  客:あー、そう。ハイ。(←1万円札!!!)
  私:すみません。千円札でお願いしますよー、さっきたくさん渡したでしょう?
  客:あー。(財布の中を何度もごそごそ探してやっと千円札が出てきました)ハイ。
  私:ありがとうございます。おつりの290円と領収書です。
お客さんはやっと降りていきました。(あー、よかったー)
ほっとして、先の方でUターンして戻る途中、あのお客さんはまだ降りた辺りに立っていました。
見ていると、そのお客さんはまた別のタクシーを停めたのでした。
スポンサーサイト

携帯を振るお客さん

工場地帯の国道などは深夜歩く人もほとんどいないので道路の照明はかなり消灯され非常に暗くなっています。また、空車のタクシーは繁華街に戻るためかなりのハイスピードで走っていますので、たまにいるお客さんを見落としてしまうのです。
先日のこと暗い国道を走っていると先の方で光るものが左右に振られています。速度を落として近づくとお客さんでした。
普通に手を振ってもほとんどのタクシーは気がつかず行ってしまうが、携帯を振ればほとんどのタクシーは気がついて止まってくれるそうです。
ドライバー側からも事前に減速できるので追突の心配も無く安全です。

酔っぱらいの言うことは….

土曜日の夜中(日曜の午前)の2時ごろ『さちが丘』でお客様を降ろした帰り道。二俣川駅前で男性の手が上がりました。かなり酔っていまして、行先は『上白根』。
新人の頃はみな同じだと思いますが、いつも流している場所、私の場合なら『伊勢佐木町』辺りからなら『二俣川』も『上白根』も行かれます。でも、『二俣川』から『上白根』に行く最短のルートは分からないのです。

私:すみません。道が分からないのですが….
客:○○小学校のところだから、ナビにセットして、ナビの通りに行けばいいから。
私:よろしいですか?
客:いいよ! 5千円かかっても、1万円かかっても家に着けば構わないからね♪
私:ありがとうございます
客:こういうお客がいないと世の中の景気良くならないだろ!ワハハハ!
上機嫌のお客さんはそうしている間に熟睡。

10分ほどで○○小学校に到着。
私:お客さん!○○小学校ですよ!
客:z z z z z
私:お客さん!起きてください!
客:z z z z z
さんざん大声を出したところで、目を開けて周りを見回し。
客:まっすぐ!
私:まっすぐですね!(まっすぐが一番危ないだよなぁ)
客:z z z z z

2ブロックほど進んだところで。
私:お客さん!××中学のところですよ!ここでいいですか?
客:z z z z z
またもや、さんざん大声を出したところで、目を開けて周りを見回し。
客:行き過ぎ。戻って!
私:どこまで戻りますか?
客:○○小学校まで!
私:分かりました。○○小学校ですね!(やっぱりね)
客:z z z z z

○○小学校まで戻り。
またまた、さんざん大声を出したところで、目を開けて周りを見回し。
客:ここでいい!
私:ありがとうございます。2,240円です(早く降りてくれよ~)
客:えっ、高い!オレが寝ていると思って、遠回りしただろう!
私:そんなことしてませんよ~(オメー、乗るとき何て言ったんだよ。バーカ!)

結局、さんざんごねた後、料金を支払い、お決まりの言葉を残して降りていきました。
『明日、お前の会社に絶対電話してやるからな!』
まだ電話は無いようですけど…(笑)

十五夜って?

23日の土曜日は満月。明け方(日付は24日になってます)に繁華街で乗せた30歳前後の女性二人の行先は、広大な墓地のある久保山の少し先。坂道を登り尾根道に出ると、目の前に雲の晴れ間から巨大な満月が現れました。その満月を見て二人は大興奮(お二人とも関西の方らしいです)。

A:『すごい満月!私、満月を見ると興奮するんや』
B:『あんたきっと満月の時に生まれたんやね』
A:『そうだと思うわ。ハハハ』
B:『ねえ、お月見したいね』
A:『そうやね、お月見したいね。でも今日何日や?』
B:『23日や』
A:『あかん!15日過ぎとるから、お月見でけへん』
B:『そうか、残念やね』
A:『残念やなぁ』
私:『?????』

タクシーの乗り方を知らない人達

最近、タクシーの乗り方を知らない人がいることに気が付きました。ほとんどは若い方なのですが、深夜にお客さんを乗せて『割増』の表示で走っていても手を上げます。行灯も消えているのに….
先日などは、深夜に女性のお客様を乗せて信号で停まっていると、いきなり若い男性がドアを開けて乗り込もうとしました。お客様は悲鳴を上げてもう大変でした。
我が家もそうですが、子供と出かける時はいつも母親が運転していますし、塾やイベントに出かける時も母親が送っていくので、最近の子供たちはタクシーに乗ったことがほとんど無いまま社会人になってしまうのかもしれません。
もしそうだとしたら、学校でタクシーの乗り方を教えてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。