横浜の新人タクシードライバー

私は横浜の新人タクシードライバー。お客様を求めて今日も街をひた走る....
2009/01≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  ≫ 2009/03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初のお客さん

研修が終わっての初乗務。朝の点呼が終わって7時前に営業所をフラフラと出て行きました。タクシードライバーは営業所を出ればどこを走ろうが全くの自由です。その辺を適当に走ってみるのですが、通勤時間なのにお客さんらしき人は全然見当たりません。そういえばタクシーも全然走っていません(笑)
半ばあきらめて、一旦営業所の方に戻ろうと交差点で止まっていると、血相変えた男の人が走ってきて手を上げて乗ってきました。そして一言『Uターン!』。凄く細い道だったので、右側の民家の車庫に頭を入れてUターン(勝手にお庭にある車庫を使ってすみませんでした~、あと周りの車の方も青信号になったのに止まって待っていてくれてありがとう)。『その信号を右、あと真直ぐ!』、そして1キロも走らないうちに『ここでいい!』。710円を投げるように払って路地へと走っていきました。
まるで一瞬の出来事であっけに取られてしまい、研修でさんざん練習させられた『いらっしゃいませ』も『ありがとうございました』も『領収書をどうぞ』も一言もいえませんでした(泣)
顔も覚えていませんが、記念すべき最初のお客さんです。ありがとうございました~(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。