横浜の新人タクシードライバー

私は横浜の新人タクシードライバー。お客様を求めて今日も街をひた走る....
2011/04≪ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2011/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コントラストの無い瞬間

霧雨の朝の4時過ぎのこと、お客さんを乗せて国道16号線を走っていました。灰色の雲の下に続く灰色の道路。そしてその両脇に並んでいる灰色のビル群。車はゆるいS字カーブに差し掛かりちょうど視界から全ての信号機が消えてしまいました。その瞬間、細かい雨粒がついたフロントガラスから見えたのは空も道もビルも同じ明るさの灰色のただの平面のような世界。一瞬道がどこかもわからなくなった直後に間欠ワイパーが雨粒を飛ばしかろうじてセンターラインが見え、そしてコーナーを抜けるとずらりと並ぶ信号機。いつもと何も変わらない道に戻っていました。
横浜も節電のためにかなりの街灯が消えているので明け方の微妙な明るさは危険です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。