横浜の新人タクシードライバー

私は横浜の新人タクシードライバー。お客様を求めて今日も街をひた走る....
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔っ払い

月曜日の朝方、元町の出口で乗せたサラリーマン風の泥酔客。
行き先は『本牧』と言われて出発。
『本牧1丁目』まで来た所で停車し
  私:お客さん!本牧1丁目まで来ましたけどご自宅はどちらですか?
  客:・・・・(←寝てる)
  私:お客さーーーーーん、起きて下さーーーーい!
大声を出しているうちに
  客:あー、ここでいい。ありがとう。(勝手にドアを開けて出て行こうと…)
  私:お客さん、お金払ってくださいよ~。1,250円!
  客:あー、そう。ハイ。(←千円札1枚置いてまた出て行こうとする)
  私:お客さん、あと250円足りませんよ~!
  客:あー、そう。ハイ。(←今度は1万円札2枚置いてまた出て行こうとする)
  私:お客さん、こんなに要らないですよ~!
  客:あー?(←解ってないようです)
  私:じゃぁ、これでおつり出しますから。
千円札1枚と1万円札1枚返して、おつり8,750円を渡し、お客さんも何とか財布にしまって降りていきました。
ちょうど赤信号なのでそのまま止まっているとドアをトントンと叩く人が….
見るとさっきのお客さん。忘れ物かと思いドアを開けると
  客:家ここじゃないのでもう一回乗せてください。(←外の冷気に当たり、かなり意識は戻ったよう)
  私:あ、ありがとうございます。(寝ないでね!)
少し走り大きなの交差点に差し掛かったので停めて声をかけると
  客:・・・・(←やっぱり寝てる)
  私:お客さーーーん『○○中学校入口』の交差点ですけど、まだ真直ぐですかぁーー?
何回か声をかけるとやっと起きて
  客:あー、ここでいい。
  私:よろしいですか?それでは、710円です。
  客:あー、そう。ハイ。(←1万円札!!!)
  私:すみません。千円札でお願いしますよー、さっきたくさん渡したでしょう?
  客:あー。(財布の中を何度もごそごそ探してやっと千円札が出てきました)ハイ。
  私:ありがとうございます。おつりの290円と領収書です。
お客さんはやっと降りていきました。(あー、よかったー)
ほっとして、先の方でUターンして戻る途中、あのお客さんはまだ降りた辺りに立っていました。
見ていると、そのお客さんはまた別のタクシーを停めたのでした。
スポンサーサイト

コメント

愛媛 大学生 凍死 タクシー

↑のキーワードで検索してみてください。怖ろしい話になってます。
この判決の言い方からすると、酔払いを交通量の多い国道で降ろしてクルマに轢かれた場合でも、降ろしたタクシーに責任があるなんて言われかねません。
しかしこの裁判官も世情に疎いんでしょうねぇ。
「泥酔客は乗車を拒否できるのに欲に目が眩んで乗せた運転手が悪い」なんてことも言ってます。この判決を読んで以来あたしは極端に酔ってるような客は断るようにしています。

大抵、警察に行っても無駄。あの人たちは、警官に起こされて怒鳴りまくってる泥酔客をまた同じタクシーに乗せようとするのですから。(面倒なので、警察で預かりたくないから)
こういう判決だと、泥酔客が手を上げたにもかかわらず、乗せなかったためにそこで凍死した場合も、乗せなかった運転手の責任にされてしまいそうですね。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://taxiyokohama.blog114.fc2.com/tb.php/118-05a38f3f
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。